通貨、お金、仮想通貨関連記事

テレビやネットでよく見るビットコインについて解説します。

投稿日:2017年11月5日 更新日:

今テレビやネット上でもよく目にするようになった

ビットコインというもの。ビットコインとは仮想通貨(暗号通貨)のうちの一つです。

しかし日本人はこのビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)のことを全然知らないというのが現状です。

これから先、生きていくうえでこのビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)の事を知っておかないと、確実に時代に置いていかれるようなことになります。

なのでここでビットコインについてとメリットについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ビットコインとは?

ビットコインというのは円のような法定通貨のように、現物として形のないお金のことです。

インターネット上に数字として表されるものです。

そしてこのビットコインというものが、2017年の4月に仮想通貨に関する法案、改正資金決済法の法案が国会を通過し、日本国がこのネット上の数字のお金であるビットコインを正式にお金として認めました。

つまり一万円札などと同じようにお金としての価値を与えたというわけです。

 

 

そしてこのビットコインというのは従来の法定通貨のように、日銀を始めとする中央銀行などの管理下にない、管理者のいない通貨となります。

そしてビットコインという通貨は世界共通通貨になりますので、為替などを気にする必要もなく全世界で決済手段として使うことができます。

そして世界中でこのビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)が物凄い勢いで広まっていて、どんどんキャシュレスの世の中に変わって行っているのが世界の現状です。

 

 

そんな中、日本はこういったビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)に対する知識が乏しく、日本はこの仮想通貨(暗号通貨)業界では遅れを取っています。

巷では『なんか怪しいとか、信用できない』という人もいるようですが、あなたが嫌であろうがなかろうが、もう海外ではもうこのビットコインが当たり前のように決済手段や資産運用の手段として使われています。

そしてその様な形でどんどん世界は変わっていっています。

そしてどんどんキャッシュレス化が進み、世の中は変わっていっているのが現状です。

 

 

正直怪しいと言っている人は、ビットコインの事を知らないから怪しいと言っているにすぎません。

そう思うのならばまずはビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)について勉強すれば知ればいいと思うのです。

分かれば何も怪しくないし、何も怖くはありません。

こういった発言は『一万円札って紙じゃん。それがお金とか怪しい』と言っているのと同じくらいのレベルの発言なんです。

むしろ円より信用があると言っても過言ではありません。

 

ビットコインの安全性

そもそもビットコインというものはブロックチェーンという、最先端のテクノロジーによって、取引情報のすべてが一つのブロックの中に残ります。

そしてその取引情報は、世界中の人々によって管理されています。

このブロックチェーンを用いていることによって、『盗難』『コピーなどの偽造』『改ざんする』などの行為ができないようになっています。

スポンサーリンク

 

 

法定通貨である円は盗難や強盗もされますし、偽札などのコピーもできてしまいますし、お金のやり取りの内容を改ざんや嘘もつけません。

なので法定通貨である円よりも不正を行う事が非常に難しいです。

つまりビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)の安全性というのは、このブロックチェーンというテクノロジーの力によって保たれているのです。

 

ビットコインのメリット

まずビットコインを持つことのメリットして、送金がスマホからクリック一つで簡単に世界中どこでも瞬時にできてしまうという所です。

そして銀行間の海外送金には莫大な手数料が掛かってしまいますが、ビットコインというものは、銀行などの金融機関の管轄下ではない為、わずかな手数料で誰でも簡単にお金が送れるのです。

そして世界共通通貨なので為替などで減ったり増えたりもしません。

なので為替によって金額が増減してしまう法定通貨より、海外送金に向いていると言われています。

 

 

そして何より強盗や盗難などの犯罪も減ると思われます。

円などの法定通貨は紙幣や硬貨などの実物があるからそれを奪うために狙われるわけです。

しかしビットコインを始めとした仮想通貨(暗号通貨)はネット上にある為現物が存在しません。

こういった仮想通貨(暗号通貨)というものは、ウオレットと言われるネット上のお財布の中にあり、二段階認証などのパスワードなどで厳重に管理されているので、盗むことなど事実上不可能に近いです。

万が一何者かが脅してパスワードを聞き出して奪ったとしても、奪った人間のウォレットなどに送金した取引でさえ、すべてブロックチェーン上にトランザクションIDとして残っているので奪った取引証拠も残ります。

 

 

そして万が一日本経済が破たんして円の価値が暴落したとしても、ビットコインの価値には影響が出ないので、自分の資産価値を守ることもできてしまうわけです。

特にこれ方の時代は、日銀の量的緩和もあって円安が進み、この資産価値を守るという事が難しくなってくると思います。

円の価値が落ちれば当然インフレ(物価高)になります。

 

 

そういった側面から考えても今のうちに、自分の遺産を分散させて持っておいた方がいいのではないかと思うと事です。

そしてビットコインは世界中でもうすでに流通しているものであり、なくなることはまずありません。

なくなるどころか円などの法定通貨に変わってこれからどんどん一般化されて行く事になります。

相場がの上下があるという事があるにせよ、デメリットよりメリットの方が明らかに高いと思います。

 

まとめ

ビットコインはこれからさらに日本だけでなく、世界中で広まっていくものとなります。

今やテレビで取引所のCMもやっているくらいなので、日本で一般化されるのももはや時間の問題といったところでしょう。

これから先、生きていくうえでこのビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)の事を知っておかないと、確実に時代に置いていかれることになります。

 

 

分かりやすく言えば、通貨が大判小判から紙幣などに変わったのに、未だに大判小判を使っているのと同じくらい時代遅れになってしまいます。

まだビットコインを持ちことに抵抗があるというあなたは、まずビットコインを始めとする仮想通貨(暗号通貨)に関して勉強するところから始め、ビットコインに関する不信感を拭う所から始めてみることをおすすめします。

 

ではまた(^^)/~~~

スポンサーリンク

-通貨、お金、仮想通貨関連記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨の普及によって犯罪が減る

スポンサーリンク あなたはこのタイトルでなぜ!?って思ったに違いありません。 しかしこれは紛れもなく本当の話なんです。 仮想通貨ってなんか犯罪にいろいろと使われているって聞くけど・・って思うかもしれま …

噂は本当だった!ビットフライヤーに金融庁から業務改善命令の行政処分

かねてからビットフライヤーに金融庁から行政処分が下るという噂が流れていて、ビットフライヤーは公式でもその情報を否定していましたが、ついに行政処分が下る形となってしまったようです。 スポンサーリンク & …

資産を分けて持っておくリスク分散が資産運用の鉄則

スポンサーリンク 今の時代はいかにして自分の資産を管理していくかということが重要な時代です。 これからの時代は目まぐるしく時代が変わってきます。 その中でお金に対する概念も変わってきますので、自分の資 …

ビットコインはブロックチェーン技術で守られた安全性の高い通貨

スポンサーリンク 今テレビなどでも頻繁に目に耳にするようになったビットコインというもの。 ビットコインとは仮想通貨、別名暗号通貨と言われているインターネット上に存在している新時代の通貨です。 そんなビ …

通貨に対する概念が一切変わる第四次産業革命のFintech(フィンテック)とは

あなたは今第四次産業革命が起きていることに気付いていますでしょうか? スポンサーリンク おそらく世の中の数パーセントの人しか気づいていない事でしょう。 しかしこの第四次産業革命によって、これから先の通 …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら