インターネット関連記事

SNS等ネットで出会いが普及する中で僕が思うメリットとデメリット

投稿日:

 

現在付き合っている人とどこで知り合いましたか?というアンケートを取ると、ネット上で知り合ったという回答が上位に食い込んでくるそうですね。

これはネットの普及によって時代と共に出会い方の形が変わってきたという事なんでしょう。

そんな中ネットでの出会いって人と人を繋ぐ新しい形だなって思います。

その反面やはりそれなりのリスクというものもあると思います。

そんなネットでの出会いについて僕の独断と偏見で書いていきたいと思います!(^^)!

スポンサーリンク

 

 SNSの登場によるネットでの出会いが普及

今となってはSNSが生活の中に当たり前にある時代になりましたね。

昔はこういったSNS的なものに初めて触れたのはもう10年以上前でmixiとかが流行るさらに前に一世を風靡していた前略プロフというものが最初でした。

 

 

前略プロフというのは自分の画像がトップ画として貼れてそこから自分の詳細が分かるプロフィールが書いてあって、最後に自分のホームページや自分のサークルのページなど、誘導したいサイトへのリンクが貼れるというものでした。

当時はまだスマホというものがなかったので、ガラケーでみんな一生懸命自分のページを作ったりしていました。

 

 

最近では前略プロフがついにサービスを終了するというニュースをネットニュースで見てなんか寂しい感じがしました。

それも時代の移り変わりというやつなんですね。

前略プロフが衰退していくと同時にmixiが広まっていき、他にもモバゲーや様々なソーシャルメディアが誕生しては衰退していき、今はfacebookやTwitter等のSNSが主流になっていますね。

 

 

やはり昔からそういったソーシャルメディアをつかって出会いを求める人たちというのはいましたね。

そういったSNSの誕生によって、知らない人達と手軽に繋がれるようになった時代の幕開けとなりました。

そしてそれが人と人を繋ぐ新しい形として定着するようになりました。

 

SNS等のネットでの出会いのメリットとは?

その便利さ手軽さにはもちろんメリットもデメリットもあります。

まずはメリットについて僕が思う事を書いていきますが、メリットは何と言っても手軽さであり普段出会えないであろう人とも交流することができるという所ですね。

 

 

 

そして実際ネットで出会って幸せになっている人も多いようですね。

これはこれでとても良い文化だなとは思います。

人と人の幸せと繋ぐ架け橋になっていると思うので。

スポンサーリンク

しかし、ネット上だからこそ相手が完全にわからない状態だからこそ、相手に不安感を与えないように最大の気遣いが求められるように思います。

 

 

あとは忙しくてなかなか出会いがない人でも、ネット上で人と出会う事ができ人脈の構築ができるという事ですね。

そしてネットで繋がっているという安心感から孤独になりにくいという所だと思います。

 

SNS等のネットでの出会いのデメリット

ネットでの出会いでの一番のデメリットは安全面という所だと思います。

やはりニュースでよくやってい足りしますが、事件の犯人とどこで知り合ったかというプロセスを説明している所で、ネット上で知り合った人と言われている場合が多いような気がします。

なのでネットで実際の人に会う場合は、細心の注意を払わなければならないという事です。

 

 

あと他にデメリットと言えば確か他の記事でも書きましたが、ネットで出会って実際に会ったりするなどの関係を構築するのは、リアルな出会いよりネットでの出会いの方がハードルが高いという所です。

僕は水商売の経験もそれなりにあるので異性間の心理は少しは心得ているつもりなのでそれを生かして書きます。

 

 

それはなぜかと言うと、最初相手の事を知らないわけですから最初のファーストコンタクトでの相手の判断材料が写真による見た目しかないからなんです。

なのでリアルの時以上に見た目に重点を置かれると思います。

そこでまずふるいにかけられてしまうのでSNS上で絡むことは出来ても実際に会うようなことはかなり至難の業となる事だと思います。

 

 

相手から見た目の合格ラインを超えたうえで、今度は性格や考え方や価値観をお互いが共感して行く上である程度の信頼関係ができないと次のステップへは進めないと思います。

それを乗り越えてようやく会って見ようかとなると思います。

しかし、中には下心丸出しで迫る人もいるようですが、完全にもっての外です。

がっつく人とか飢えている感満載でただのキモイ人としか映りません。

 

 

いきなりライン交換しようとか電話しようとかスーパーNGワードです。

これを早い段階で言う人は、がっついているとか、この人女に飢えてて必死でキモイ・・というレッテルを無条件で貼られます。

原則として男は自分から交換しようとか言わない方がいいと思います。

ちょっと難しいかもしれませんが、向こうから交換しようと言わせる話の展開に持っていくのが一番自然だと僕は思います。

 

まとめ

こういった感じで便利なネットでの出会いにも、メリットデメリットがあるという事だと思います。

ネットだと相手が画面でしか認識できないわけですから、より相手を思いやった気遣いなどが求められると僕は思います。

ネットでの出会いは手軽に出会える半面、危険や難易度の高さと隣り合わせなので、こういった事を頭に入れておくと楽しいやり取りができると思います。

 

スポンサーリンク

-インターネット関連記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットビジネスで稼ぐために必要なマインドセット3つとは

スポンサーリンク インターネットがもう当たり前にある今日現在ですが、そんな中インターネットを使ってお金を稼いでいるという人が近年急増しています。 そんな中やってみたはいいもののなかなかうまくいかなかっ …

掲示板などの誹謗中傷の書き込みを特定する為の方法とは?

スポンサーリンク 今やネット社会である現代において、ネットの掲示板などでの誹謗中傷というのは一つの問題となっています。 そんな中書かれたい放題書かれても何もできず、泣き寝入りしてしまう人がほとんどだと …

ネットで評判を落とす事を書いて顧客を横取りしている事実とは?

スポンサーリンク あなたはネットで何かの評判を調べたりするような事を、一度はした事があるのではないでしょうか? しかしそこで書かれている評判というのは、実はあまり正しくはなく参考にならない事をご存知で …

ネットの掲示板で人を中傷したり叩く人の特徴と心理とは

スポンサーリンク インターネットが普及している今、様々な掲示板などのサイトがあちこちにあふれています。 そんな中、特定の人を誹謗中傷したり叩いたりする書き込みをあなたも目にしたことがあるのではないでし …

SNSで発信や発言のマナーや礼儀ができない変な人は嫌われる対象に

スポンサーリンク 今や一人につき最低一つは、何かしらのSNSのアカウントを持っている時代です。 そんな中で他人とのやり取りにおいて、マナーや礼儀ができない変な人が急増しています。 これは相手に不快感し …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら