スポーツ関連記事

西野ジャパンの日本対ポーランド戦の評価について一言書きます。

投稿日:

去る6月28日のサッカーワールドカップの日本対ポーランド戦で、日本は負けはしましたが、最初の一戦目二戦目の勝ち点と、フェアプレーの評価が功を奏し、予選リーグを突破して決勝トーナメントへの出場を決めました。

日本人として大変喜ばしい事です。

しかしこの試合には賛否両論が出ているようで、その意見に対して一石投じたいと思います。

スポンサーリンク

 

今回批判された原因とは?

今回この決勝ラウンド進出を決めたきかっけとなった、日本対ポーランド戦の試合運びが気に入らなかったようです。

 

 

どういうことかというと、後半にポーランドに先制され、窮地に立たされた日本は果敢に攻め込んだがなかなか得点にはつながらず、苦しい展開を強いられていました。

 

 

そんな中もうひと試合の、セネガル対コロンビア戦でコロンビアが1っ点を先制。

そうなると日本はイエローカード二枚の差で、セネガルを上回り二位通過という形で決勝トーナメントへ行ける道が切り開けたのです。

 

 

そして日本はここで作戦を変更し、これ以上失点を避けるためにパス回しをして、ポーランドとの勝負を避ける戦術を取った。

 

 

しかしこれが国内外のサポーターから批判を浴びる結果となったわけです。

 

反則でない限りは技術であり戦術

まずよく考えて欲しいのですが、日本は今回反則をするような何かアンフェアな戦いをしたのであろうか?

それによって負けたのであれば、まぁ批判もやむを得ないと思う。

 

 

しかし今回は予選ラウンドで勝ち抜くために、ルールの中でリスクを冒さず逃げの戦術を取っただけなのです。

これは西野監督はさすがだなと思ったところです。

 

 

なぜならば、スポーツとは結果が全てです。

結果が出なければ評価されないものです。

 

 

今回決勝トーナメントへ進出したことで、まだ先ができたわけです。

あそこでもし万が一失点もしくは、イエローカードを2枚以上もらっていたら、日本は敗退していたことでしょう。

 

 

しかし逃げの戦術を取ったことで、予選リーグを勝ち抜くことができたのです。

批判する人たちは、まずその結果をなぜ同じ日本人として評価できないのか?

 

 

そしてこういった逃げの戦術をすること等もすべて含めてサッカーなわけです。

それが気に入らないのであれば見なければいい話ですし、決勝ラウンドも応援しなければいい話です。

スポンサーリンク

 

 

攻めに出る姿を見ながら盛り上がりたくて騒ぎたいだけの人にとっては、確かにフラストレーションがたまる最後の10分だったかもしれません。

 

 

本当に応援しているのであれば、戦術や戦い方がどうであれ結果を出したことに喜んでいいと思うのですが。

これは前に進むための戦術ですし、反則でもありません。

 

 

ルールの範囲内で行う行為、つまり反則でない限りは技なのです。

戦術なのです。

 

 

分かりやすく言えば野球でも、ここで打たれたらサヨナラ負けしてしまう、でも次のバッターは4番の強打者。

その時、敬遠という『逃げの戦術』を取りますよね。

 

 

では例えばそれが日本シリーズの最終戦で、打たれたら優勝を逃すという場面で、その4番打者を敬遠して、逃げの戦術を取って、結果的に勝って優勝した場合、あなたはチームを批判しますか?という話です。

 

 

これだって逃げて勝ち取った優勝です。

でも戦術だから誰も批判はしないわけです。

 

 

なのに今回西野ジャパンが予選トーナメントを勝つために、逃げの戦術を取って勝ち取った決勝トーナメント進出をなぜ批判するのか、僕には毛頭理解ができない。

 

 

ボクシングもそうです。

脚を使ってリングを回りながら、悪く言えば逃げながら打たれないように戦っている姿を見て、あなたは『正々堂々と戦え』『逃げるな』とか言いますか?という事です。

 

 

あれだってそういう戦術だから許されるわけですし、何なら高等技術です。

それらのあらゆる局面での戦術をすべてを含めてボクシングですし、野球ですし、今回のサッカーなわけです。

 

 

今回の戦術もある意味ギャンブルで結構覚悟がいる事だったと思います。

西野監督はよくそれを指示したと思います。

正直度胸のあるすごい監督だなと思います。

 

 

会場までわざわざ見に行ってあの戦い方を見て、残念だと言っているサポーターもいたようですが、そんなことをいうのなら、初めから家で見ていればいいわけです。

 

 

高い旅費を払って観にいったのかもしれませんが、そんなことは選手からしたら関係のない話です。

選手は勝ちに徹する事だけを考えてプレーしていますし、そうであるべきだと思います。

 

 

なぜならばそんなことよりも、決勝ラウンドに進出することが、サポーターへの一番の恩返しになるからです。

リスクを冒して負けたら次はないのです。

 

 

しかしリスクを避けて、野球で言えば敬遠をして勝負を避け、結果予選リーグを突破して、決勝トーナメントへ進出できたわけです。

日本人ならこれを批判する理由が、一体どこにあるのでしょうか?

 

 

正直最後はシラケる展開だったかもしれません。

でもそれが西野ジャパンの戦略であり、日本の為に予選リーグを突破の為に行った事なので批判してはいけないと思うのは僕だけでしょうか?(´・ω・`)

スポンサーリンク

-スポーツ関連記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボクシングで世界チャンピオンになるためのジム選びのコツ

スポンサーリンク あなたはボクシングで世界チャンピオンになりたいですか? そうなるとジム選びというのは非常に重要になってきます。 環境+努力が両方そろわないと世界を獲るのはなかなか難しいです。 どちら …

no image

ボクサーの生活や収入ってどうなってるの?その疑問に答えます

スポンサーリンク ボクサーはリングの上に立っているときは主役であり輝いていますよね! そんなリングの上では輝いているボクサーですが、リングの外では一体どんな生活をしているのだろう? ボクサーの収入って …

ボクシングって殴られる時痛いの?その疑問に経験者がお答えします

スポンサーリンク ©:freedesignfile.com ボクシングって見ているとスリルがあるというかハラハラしますよね? 一歩も譲らぬ打ち合いなどは、特に手に汗握る思いで観戦していると思います。 …

レスリングの栄監督辞任、パワハラ問題で栄監督の会見について

今、日本を騒がせているレスリングの栄監督による、伊調馨選手に対するパワハラ問題。 そのパワハラ問題について栄監督が会見を行った模様。     その中で栄監督は一連のパワハラ問題につ …

ボクシングで強くなるために必要な必須条件や上達法や秘訣とは

スポンサーリンク あなたはいまボクシングをやっている人でしょうか? それともこれから始めようと思っている人っでしょうか? いずれにしてもボクシングで強くなるためにはそれなりの事をしなければなりません。 …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら