生活の豆知識関連記事

梅雨の時期の洗濯物の悩みや湿気やカビ等の対策にはこれが効果的

投稿日:

今年もうすぐ梅雨がやってきますが、やっぱり梅雨って何が嫌かというと、何と言ってもあのジメジメとした肌にまとわりつくような暑さの原因でもある湿気。

そしてそれに伴って発生してくるカビなどの健康を脅かすようなもの。

このカビによって様々な健康被害が出ているという報告も出ています。

なのでここではそんな梅雨の湿気やカビ対策について載せていきます。

スポンサーリンク

 

梅雨の時期に困る事と言えば洗濯物

あなたも経験があるでしょう。

梅雨の時期になかなか洗濯物が乾かないという事。

かといって部屋干しをしてしまうと、あの独特の嫌な臭いがしてしまう。

一体梅雨の時期の洗濯物ってどうしたらいいの?

 

 

まず外でも室内でもなかなか乾かない原因というのはまさに湿気のせいです。

湿度が高い為なかなか水分が蒸発してくれません。

そして室内に干してしまうと室内の湿度もさらに上がり、さらにジメジメ感も増してしまいます。

それだけにとどまらずその状態を放置しておくと、知らない間に室内にカビが発生してしまう事も・・。

 

 

じゃあどうしたらいいの?というあなたに身の回りにあるものでできる、簡単な解決法をお教えします。

その活躍の立役者が『新聞紙』なんです。

実はこの新聞紙がグングン湿気を吸ってくれるんです。

 

 

なので洗濯物を室内に干すときは、洗濯物と洗濯物の間に新聞紙も一緒にぶら下げておくと、知ってをグングン吸って驚くほど速く乾きます。

部屋干しの嫌な臭いも洗濯物が濡れたまま長時間放置することで、結果雑菌が増殖してしまう為に臭いが発生してしまっています。

しかしこの新聞紙を使えば早く乾くため、雑菌の増殖も抑えられ嫌な臭いもしません。

これで梅雨時の悩みも一つ解消できましたね♪

 

梅雨の時期の湿気やカビについて

梅雨の時期になるとどうしても雨が多くなり、そうなると自然と湿度も高くなってしまい嫌でも湿気と向き合わなくてはいけなくなりますよね。

そしてその湿気とセットで悩まされるのがカビですよね。

室内でカビが生えているのを発見してしまうと、思わずぞっとしてしまいますよね。

そうならない為にもまずは室内の湿気を取り除くという所から始めましょう。

 

 

手段は色々とありますが、やはりテッパンなのはエアコンの除湿機能。

あとは冷房機能でもつけていれば自然と湿気ととってくれたりもします。

しかし中には夏でも冷え性でエアコンの涼しい風が苦手な人もいたりします。

そんな人はドラックストアなどに売っている除湿剤を部屋に置くようにしておくといいでしょう。

梅雨の時期ならあっという間に湿気が溜まると思います。

こうして室内の湿度を下げる事によってカビの発生を防ぐことに繋がってきます。

スポンサーリンク

 

 

では一体どのような環境になるとカビは生えるのでしょうか?

カビが生える環境というのはこのような環境です。

 

1・栄養がある

2・酸素がある

3・高い温度がある

4・高い湿度がある

5・生えるまでの時間がある

 

このような環境が揃うとカビは少しづつ生えてきます。

湿度に関しては80%を超えるとカビが発生してくるようになります。

なのでこの湿度より常に低くしておくことが大事です。

 

 

そして一旦生えてしまうと、そのカビから胞子を飛ばして様々なところに飛び火していく事になります。

そしてこの飛ばしているカビの胞子が呼吸によって体内に入っていき、アレルギーを起こしたりぜんそくの原因となったり、人間の身体に悪影響をもたらす事になるわけなんです。

 

 

梅雨の時期の悩み対策にはこれが効果的

1・新聞紙

先にも書きましたがやはりこれが梅雨の時期には大活躍するんです。

どうおいう風に使うかというと、まっさらな状態で使うのではなくて一度くちゃくちゃに丸めてそれを広げた状態で使うと、より湿気を吸収しやすくなります。

そのような状態にして、家の中で湿気が気になるところに入れておくといいでしょう。

例えば押し入れの中だったり台所のシンクの下や、家具の隙間などに入れておくと良いと思います。

 

 

2・木炭

これは一年中使える自然と湿度調整をしてくれる便利なものなんです。

木炭は湿気が多いようなときには湿気を吸い木炭の中に溜めています。

そして逆に湿度が低くなった時にはその水分を放出して湿度を適度に保ってくれます。

そして有名な話ですが、木炭には脱臭効果もあるのでお部屋には置いておきたい存在ですね。

 

 

3・重曹

料理を始め掃除など様々な事に利用できる便利な重曹。

そんな万能な重曹にはなんと湿気を吸ってくれる作用もあるんです。

大きめの器にたくさんの重曹を入れて湿気の溜まりやすい低い所などに置いておくと、湿気を吸って塊のようになります。

この塊になっているのは湿気を吸ってくれているサインです。

 

 

4・換気

こまめに空気の入れ替えをする事が湿気を溜めないために重要な事なんです。

窓を開けたら外の湿気が入ってくるんじゃないの?と思ったかもしれませんが、実は外の湿度より室内の湿度の方が高いことがほとんどなんです。

なので換気をして通気することで湿気の停滞を防ぎカビの予防にも繋がってきます。

 

 

5・エアコン

これは一般的ですが一番手っ取り早くすぐに効果が出る方法です。

この除湿を機能を使いながら洗濯物を干すのもアリだと思います。

あとは冷房だけでもある程度は自然と除湿をしてくれていますので、蒸し暑い場合は普通に冷房を付けて温度と湿度を両方一気に下げるのも良いと思います。

 

まとめ

梅雨は誰しもが不快感を覚えてしまう季節だと思いますが、ちょっとした工夫や豆知識で快適に過ごす事も出来るんです。

梅雨の悩みの洗濯物もこういった豆知識さえあれば、難なく臭いもなく乾かすことだってできちゃいます。

あなたも今年はこの裏ワザを使って快適な梅雨を過ごしてください♪

ではまた(^^)/~~~

スポンサーリンク

-生活の豆知識関連記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会話で悪印象を与えず好印象を与えるコツは聞き上手である事

スポンサーリンク あなたは人間関係でうまくいっていますか? 仕事の人間関係の中でも自然と周囲に人が集まる人と、なぜか孤立してしまう人とがいると思います。 なぜ僕の所には人が寄ってこないんだろうと思って …

蚊に刺されやすい人刺されにくい人と刺されない為の対策とは

スポンサーリンク 夏になると必ず出てくるあの厄介者。そうです『蚊』です。 夏の夕方になると出て来ては身体のどこかに止まり、針のようになっている口で皮膚を刺し血液を吸っていきます。 そしてその吸った後は …

少子高齢化の問題点と対策を分かりやすく説明します。

スポンサーリンク 今や子供の数が減少し、団塊の世代がどんどん定年を迎え、ますます少子高齢化が進んでいる現在の日本。 様々な問題が山積みとなっています。 そんな中どんな問題がありどのようにしたらいいのか …

家にゴキブリが出た時の対処法とゴキブリが出ない為の対策

スポンサーリンク 夏になると出ますよね・・。あの夏の嫌われ者。 そうゴキブリです。 暑くなってくると台所の至る所の隙間から現れたり、排水溝から上がってくるやつもいます。 ゴキブリは様々な行減退のウイル …

遅刻や寝坊癖を治すのに役立つ克服できる方法を教えます

スポンサーリンク あなたは朝起きれなくてついつい二度寝なんかしてしまって、遅刻をしてしまうような事はありませんか? 誰しも一度はこういった経験がありますよね? しかし最初は笑って許してもらえても、これ …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら