スポーツ関連記事

ボクシングWBC世界バンタム級チャンピオン山中慎介の強さと弱点について

投稿日:

2017年8月4日現在12度の防衛を果たしているWBC山中慎介。

なみいる強敵をバッタバッタとなぎ倒し、気が付けば12度も防衛しています。

そして来たる8月の15日の防衛戦に勝てば具志堅用高の持つ13度連続防衛の記録に並びます。

そんな山中慎介の強さの秘密とその反面にある弱点について独自の目線で検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

神の左といわれる強烈な左ストレート

山中慎介の代名詞といえば、やはりあの当たればどんな相手でも倒せる、強烈な『神の左』と呼ばれる左ストレート。

もはやあの神の左があれば中間距離以上で敵はいないでしょう。

まっずぐにノーモーションで繰り出されるあの左は、相手からしたら非常に見えにくいはずです。

 

 

やはり相手も有名なあの左を警戒していて研究してきているはずなのに、あれだけ左を当てられるのはそれだけ相手に見えない打ち方をしているのでしょう。

やはり左を当てる為に右をうまく使っていますよね。

左を見えないようにするために沢山の右を伏線として出しています。

やはり右の使い方がうまいというのも強さの秘密でもありそうです。

 

 

うまい右があってこそ左が生きてくるというわけです。

山中慎介の紙の左は、バンタム級の中でも確実に世界トップレベルを誇るパンチだと思います。

 

相手の距離で戦わせない左の圧力

そして山中慎介の強さの秘密もう一つはやはり距離の取り方がうまいです。

一番自分のベストパンチがあてられる距離で常に戦っています。

山中慎介のパンチが一番生きる距離は中間距離。

 

 

接近戦になってしまうと山中慎介の良さが消されてしまいます。

なので左の圧力をうまく使って、相手が入りたくても入らせないようにコントロールしています。

その左をちらつかせながら攻めるので、相手は気が付いたら山中慎介の得意な中間距離で戦っていることになるわけです。

スポンサーリンク

 

 

ストレートは様々なパンチの種類の中で最も最短距離で相手に届きます。

なのでそのスピードと精度を磨けば磨くほど当たりやすくなります。

山中慎介の紙の左はその制度をますます上げています。

山中慎介の年齢はボクサーとしては歳ですが、今なおレベルアップをしていると思います。

 

 

あのパンチ力で制度をあげられたら相手は戦いにくいでしょうね。

圧力が強いだけで相手はスタミナを消費しますからね。

ボクシングって不思議なもんで、相手のペースで戦うと何もしていないのに疲れるんですよ。

つまりスタミナの消費が激しくなります。

なので神の左という強烈な武器を持っていることで、山中慎介は何もせず対峙しているだけで相手を疲れさせているわけです。

 

ディフェンスと打たれ強さに弱点がある

そんな強い山中慎介でもやはり弱点となる部分が垣間見えたりもします。

それはディフェンス面です。

やはりモレノ戦でもソリス戦でもダウンを奪われています。

やはり落ち終わりや相打ちを狙って相手も玉砕覚悟で打ってくるときがあります。

そこが怖いです。

 

 

なので個人的には打ち終わりに頭を振って欲しいと思います。

そうすれば相手の打ち終わりを狙ったカウンターもはずすことができるとおもいます。

とにかくいいパンチをもらったらクリンチするか、頭を振って後続のパンチを外して、身体の芯にもらわないようにしてほしいですね。

 

 

いいパンチをもらった後に一番良くないのが、ガードをしたまま立ってしまう事です。

姿勢が立ってしまうとパンチの衝撃を吸収できずに、ガードの上からもろパンチの威力を食うことになります。

こうなるとジリ貧になってしまう可能性が高くなり、最悪レフェリーストップになってしまうことがあります。

なのでさらに多くの防衛を重ねていくためにも、ディフェンスの充実を図ってほしいと思います。

 

まとめ

来たる8月15日に13度目の防衛戦を迎える山中慎介。

この防衛戦をクリアして具志堅さんの持つ日本人の連続防衛記録タイに並んでほしいと思います。

そしてそれだけにとどまらずさらに防衛記録を伸ばしてほしいと思います。

今の日本人世界チャンピオンはどの選手も強いです。

その中でひと際強さを輝かせる山中慎介選手の今後に注目していきたいですね!

ではまた(^^)/~~~

 

スポンサーリンク

-スポーツ関連記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レスリングの栄監督辞任、パワハラ問題で栄監督の会見について

今、日本を騒がせているレスリングの栄監督による、伊調馨選手に対するパワハラ問題。 そのパワハラ問題について栄監督が会見を行った模様。     その中で栄監督は一連のパワハラ問題につ …

ダイエットでボクササイズを行うメリットとその効果とは

スポンサーリンク 近年のダイエットシーンで人気となっているものの中に『ボクササイズ』というものに人気が集まっています。 ボクササイズとはボクシングの動きを採用したエクササイズで、ボクササイズという言葉 …

ボクシングって殴られる時痛いの?その疑問に経験者がお答えします

スポンサーリンク ©:freedesignfile.com ボクシングって見ているとスリルがあるというかハラハラしますよね? 一歩も譲らぬ打ち合いなどは、特に手に汗握る思いで観戦していると思います。 …

no image

ボクサーの生活や収入ってどうなってるの?その疑問に答えます

スポンサーリンク ボクサーはリングの上に立っているときは主役であり輝いていますよね! そんなリングの上では輝いているボクサーですが、リングの外では一体どんな生活をしているのだろう? ボクサーの収入って …

西野ジャパンの日本対ポーランド戦の評価について一言書きます。

スポンサーリンク 去る6月28日のサッカーワールドカップの日本対ポーランド戦で、日本は負けはしましたが、最初の一戦目二戦目の勝ち点と、フェアプレーの評価が功を奏し、予選リーグを突破して決勝トーナメント …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら