裏社会関連記事

歌舞伎町って治安悪いの?エリアごとに昼と夜の治安を詳しく解説します

投稿日:

歌舞伎町と言えば『治安が悪い!』というイメージを持っている人って多いですよね。

 

確かに反社会勢力の方々や、いかにもガラの悪い見た目の人達がたくさんいるのは事実です。

 

しかし、昔に比べたら色々と規制も厳しくなり、治安もかなりマシにはなっているとは思います。

 

この記事では昼も夜も歌舞伎町の街中で仕事をしていて、歌舞伎町の路上のリアルを長年見てきた僕が、歌舞伎町の昼と夜の治安の違いについて書いていきます。

 

リアルに見てきたことを書くので情報としての信憑性は抜群です。

 

 

今の歌舞伎町の治安は本当に悪いのか?

歌舞伎町の治安を語るためには、まずは東京都の取り組みについてから書かなければいけません。

 

歌舞伎町は2000年代後半より当時の石原都知事による、『歌舞伎町浄化作戦』という取り組みが始まりました。

 

この歌舞伎町浄化作戦とは、歌舞伎町の飲食店の振興組合と警視庁が合同で、水商売や違法ドラッグや反社会勢力の衰退を狙い、それら周辺業界を中心に取り締まりを強化し、歌舞伎町のイメージを向上させ街の活性化を図ることが目的の取り組みです。

 

東京都は歌舞伎町を家族連れでも気軽に遊びに来れるような街づくりをしようと日々奮闘しています。

 

客引きが昔よりは減った

東京都迷惑防止条例の改正により、路上での客引き(通称キャッチ)行為が禁止となりました。

 

その流れもあって客引きの数は昔に比べたら少なくはなりました。

 

昔はホストクラブも指名予定のない売れないホスト達は、基本外に出されて街でキャッチと呼ばれる客引き行為をしていました。

 

なので昔は歌舞伎町の町中にホストが出歩き、その辺りでたむろしていたり、精力的に女性に声をかけてキャッチをしていました。

 

しかし条例が改正されたことによって、ホストが外で客引きをするとホストが捕まり、お店も営業停止を食らうという事態になってしまったのです。

 

なので客引きをするホストが町から消えたのは、この条例改正後辺りからです。

 

今でも客引きはたくさんいますが、そのころに比べたら断然キャッチの数は減り、多少は治安も改善されたかと思います。

 

喧嘩などの争いや地回りが昔より減った

この辺りも暴対法というものができたのも大きく影響しているようにも感じますが、やはり歌舞伎町の中での殴り合いの喧嘩や、反社会組織が集団で街を練り歩く『地回り』というものも減ったように感じます。

 

昔はその辺で殴り合いの喧嘩をしていても、警察も止めませんし『やりすぎるなよ~』くらいで、そこまで介入してこなかった背景があります。

 

なのですぐに殴り合いの喧嘩を繰り広げられていたのが、今より治安が悪かった昔の歌舞伎町でした。

 

しかし今では喧嘩の声がすればすぐさま警察が飛んできて止めに入り、やめなければ傷害や公務執行妨害や様々な形で検挙されるようになりました。

 

なので警察の動きが変わったというのも、歌舞伎町の治安の改善に一役買ったようにも感じます。

 

歌舞伎町は昼でも治安は悪いのか?

歌舞伎町の昼間の治安から書いていきますと、一言で言えば『夜よりはマシ』という言葉がぴったりな表現だと言えます。

 

歌舞伎町一丁目はカラオケや飲食店が軒を連ねる歓楽街であるため、普段歌舞伎町に来ない人達が遊びに来るエリアであり、比較的治安がマシであるという印象があります。

 

近年はTOHOシネマができた事によって、特に休日の昼間は一般の方々で賑わいを見せるようになったと思います。

 

しかしここでなぜ『昼間は治安が良い・安全』と言えないのか?なぜ『夜よりはマシ』という表現なのかにもいくつか理由があります。

 

さらにその辺りも深堀していきたいと思います。

 

地域によって治安が違う

歌舞伎町と一口に言っても、歌舞伎町を一括りで語ることはできません。

 

歌舞伎町には様々なエリアがあって、そのエリアごとにも治安が違ったりします。

 

ココが一括りで昼の歌舞伎町の治安が良いとは言いきれない要因の一つでもあります。

 

そして歌舞伎町は交番のある通りでもある、花道通りを境に一丁目と二丁目に分かれています。

 

この一丁目と二丁目ではまた治安が違ったりします。

 

その一丁目二丁目の中でも、エリアによって治安というか空気感が違ったりするので、ここからさらに細かく解説していきます。

 

昼間の歌舞伎町一丁目

歌舞伎町一丁目は比較的居酒屋やカラオケなどの飲食店や遊べるような場所が多く、普段歌舞伎町にいない人たちでも楽しく遊べる、治安的に見ても比較的大丈夫なエリアです。

 

とは言えこの一丁目の中にも治安の良し悪しがあるので、ここから地域に分けてさらに細かく書いていきます。

 

セントラルロード・一番街(劇場通り)・TOHOシネマ広場

この辺りは比較的普通に歌舞伎町に遊びに来た人たちで賑わうエリアなので、昼間に関しては治安もそこまで悪いというわけではありません。

 

ただやはりTOHOシネマ前の広場には、様々な人たちがたむろしていたりはしますが、とりわけその人達が何かしてくるわけではないので大丈夫です。

 

特に休日の昼間の東宝シネマ周辺は特に治安が悪いとか、怖いと感じることも少ないと思われます。

 

桜通り・あずま通り・区役所通り

この辺りも昼間はそこまで危険を感じるようなことはないです。

 

ただ歌舞伎町の中でも少しダークなエリアでもあるので、昼間でも反社会的な方々のお姿を見ることもあるので、セントラルロードや一番街やTOHOシネマ周辺に比べると、若干治安に関しては懸念される場合もあります。

 

昼間の一丁目の区役所通りより東側地域

区役所通りは一丁目と二丁目の境となる花道通りに対して、直角に交わる南北に伸びる新宿区役所のある通りです。

 

なので歌舞伎町の一丁目と二丁目を貫通する通りとなります。

 

歌舞伎町一丁目でもこの区役所通りを境に東側というのもまたちょっと雰囲気が変わります。

 

区役所通りの一丁目エリアの東側には、あの有名な新宿ゴールデン街があり、そのさらに東側に元学校の跡地が使われているお笑いの吉本興業があります。

 

なのでこの辺りは夜になると昔からのゴールデン街のファンだったり、昔から歌舞伎町で飲んでいる人達で賑わうエリアでもあります。

 

しかし昼間はあまり人気(ひとけ)もないように感じます。そして治安もそこまで悪いようなイメージはないです。

 

昼間の歌舞伎町二丁目

歌舞伎町二丁目は一丁目とはガラッと雰囲気が変わり、THE歌舞伎町の顔が見えるのがこの二丁目です。

 

主にホストやキャバクラやラブホテルが、多く軒を連ねる水商売エリアでもあります。

 

一丁目にもこういったお店はありますが、やはり二丁目の方が圧倒的に多いです。

 

そんな歌舞伎町二丁目の昼間の治安はどうなのかについて書いてきます。

 

花道通り

花道通りは一丁目と二丁目を分断する通りとなるため、一丁目と二丁目とどっちに属するのかはわかりませんが、一応二丁目のカテゴリで書かせていただきます。

 

花道通りは昼間でも昼キャバのキャッチがいたりして、治安が良いとは言い切れない部分もあります。

 

もちろん夜に比べれば圧倒的にマシではありますが、安心して歩ける場所かと言われると、そうでもないかなというのが正直な所です。

 

ホスト街

花道通りより北側の地域は、ホストクラブが多数軒を連ねるホストクラブ街があります。

 

この辺りもホストクラブの2部や3部のお店を紹介するキャッチの人達がいるため、治安に関しては良いとは言えません。

 

というか普通に遊びに来た人たちにとってこの辺りのエリアは、あまり用事がないエリアでもあると思うので、あまり立ち入らないようにすることをおすすめします。

 

ホテル街

ここもホスト街のすぐ隣にあるラブホテルが軒並み立ち並ぶエリアになります。

 

ここは昼間でも治安が良いとは言えない地域になります。

 

これは後ほど詳しく触れていきますが、女性は特にこの辺りの地域を、昼間でも酔っぱらって一人でうろうろすることは避けた方が良いエリアです。

 

歌舞伎町に遊びに来てよほどのことがない限り立ち入る理由もないと思うので、昼間といえどあまり立ち入らない方が良いエリアです。

 

昼間の二丁目の区役所通りより東側地域

区役所通りを境にして東側地域は治安はハッキリ言って悪いので、歌舞伎町慣れしていない人は立ち入らないことをおすすめします。

 

なぜならばこの辺りには、歌舞伎町で最大勢力を誇る反社会組織の事務所がある、あの有名な歌舞伎町のライオンズマンションがある地域になります。

 

あとは他の組織の事務所をあったりするので、昼間でも立ち入りをおすすめすることはできないです。

 

別に歩いたからって何かあるわけではないですが、万が一の様々なリスクを考えたら歩かない方が無難です。

 

やはり歌舞伎町は夜の治安は悪いのか?

夜の歌舞伎町の治安に関しては、昔よりはマシになったとはいえ良いとは言えません。悪いと言ってよいと思います。

 

しかしこれは昼間と同様地域によっても差があるのでその辺りについても詳しく解説していきます。

 

夜も地域によって治安が違う

歌舞伎町の夜は歌舞伎町に入り浸る、歌舞伎町の住人と呼ばれる人たちが現れる時間帯です。

 

夜もこの一丁目と二丁目ではまた治安が違ったりしますが、他の一般的な街に比べたら基本的に治安が良いとは言えません。

 

夜も一丁目二丁目のエリアによって治安も違ったりするので、ここから昼と同じように地域別にさらに細かく解説していきます。

 

夜の歌舞伎町一丁目

歌舞伎町一丁目は昼の所でも書いたように比較的居酒屋やカラオケなどの飲食店や遊べるような場所です。

 

なので仕事終わりで居酒屋に飲みに来たり、カラオケで楽しんだりする人や、近年ではコンカフェというものも台頭してきて、様々な目的で楽しみに来ている人達が増えました。

 

それによりいい意味で街の賑わいを取り戻しつつある夜の歌舞伎町です。

 

とは言え昼よりはやはり治安は悪くなりますし、喧嘩も夜の方がお酒が入っているためか、夜の方が良く起きているイメージがあります。

 

そんな喧嘩をよく見かけるのもこの一丁目ですが、実は喧嘩しているのは歌舞伎町の人間ではなく大体は酔っぱらって気が大きくなったサラリーマンか学生が多いです。

 

そしてこの一丁目の中にも治安の良し悪しがあります。なのでここから地域に分けて夜の部もさらに細かく書いていきます。

 

セントラルロード・一番街(劇場通り)・TOHOシネマ広場

夜になるとこの辺りには、トー横キッズと呼ばれる少年少女達や歌舞伎町に入り浸る人達が現れ、TOHOシネマ横の広場にたむろしたりします。

 

そこにも様々な人間模様があって、目の前でリストカットをしたり、テレビやメディアには出ないところで、いつの間にか姿を消したりする人がいたりします。

 

この辺りに関しては今も昔も変わらない所だと感じます。

 

夜の歌舞伎町の中では治安がマシな地域ではありますが、やはり夜は客引きの数も増えるので、昼間よりは良くないと言えると思います。

 

桜通り・あずま通り・区役所通り

この辺りは昼間と夜では雰囲気が一変します。

 

この辺りの通りは夜はキャッチが多く現れ、この通りの周辺地域では反社会組織の方々の姿や、その関係者の車が見られるエリアになります。

 

同じ一丁目でも先に書いたセントラルロードやTOHOシネマ前とは、いる人達のジャンルが変わります。

それに合わせて治安も悪い方に変化しているように感じます・

 

桜通りでも靖国通りの入り口辺りはまだそうでもないですが、奥に入っていき桜通りの十字路の辺りに来ると、ダークな雰囲気を感じるようになります。

 

夜の一丁目の区役所通りより東側地域

夜のこの辺りは昼のところでも書いた通り、新宿ゴールデン街がある地域なので、ノスタルジックな雰囲気でお酒や会話を楽しみたい人たちが集まる地域になります。

 

なのでこの辺りは昔から歌舞伎町で商売している人情味あふれる人たちがいる印象です。なので一丁目の中でも比較的安全なのではないかとも感じます。

 

ただこのゴールデン街の裏手に靖国通りから通じる人目に付きにくい一本道があるのですが、ここはちょっと治安に関しては良くないと感じます。

 

特に女性がここと一人で歩くのはあまりお勧めはしないです。

 

夜の歌舞伎町二丁目

夜の歌舞伎町二丁目は歌舞伎町の真骨頂が見えるところです。

 

歌舞伎町二丁目はホストやキャバクラやラブホテルが、多く軒を連ねる水商売エリアなので夜はある程度人がいます。

 

そんな中で歌舞伎町二丁目の治安はどうなのかをエリア別に分けて書いていきます。

 

花道通り

夜の花道通りはもはや客引きのメッカと言っても良いキャッチ天国です。

 

様々なグループの客引きがしのぎを削りあっている、戦場とも呼べるエリアがこの花道通りになります。

 

それだけに血の気の多い客引き達がそこら中にいるので治安は悪いです。

 

この周辺はたくさんの楽しい夜のお店もありますが、そういう目的でない人はこの辺りはあまり歩かない方が良いかもしれません。

 

ホスト街

この辺りはホストクラブ専門の客引きや、ホストに通う女の子たちばかりが歩いています。

 

女性がこの辺りを歩けば次から次へと客引きが声をかけてきて、非常に歩きにくいエリアでもあります。

 

こちらもそういった血の気の多い客引き達が多数いるエリアなので、治安はよろしくはないです。

 

ただし揉め事などの喧嘩はあまり見かけないエリアでもあります。

 

水商売同士や歌舞伎町の人間同士はあまり揉めません。だからと言って治安が良い地域ではありません。

 

ホテル街

夜のホテル街はいわゆる『立ちんぼ』と呼ばれる、怪しい雰囲気の女性が立っていたりします。

 

この立ちんぼの人達が良くいるのは、歌舞伎町交番の裏側一帯や大久保公演周辺のホテル街に多く見られます。

 

交番がすぐそばにあるにも関わらず、すぐに裏の辺りに当然のように涼しい顔して立っています。(笑)

 

男性がこの辺りを一人で歩くともれなく声をかけてきますのでご注意を。

 

夜の二丁目の区役所通りより東側地域

この辺りは昼の所でもかきっましたが、このエリアの治安は正直言って悪いです!特に夜は。

 

歌舞伎町慣れしていない人はいかない方が良いエリアで、反社会組織の方々が良く姿を現すエリアもこの辺りです。

 

この辺りを走っていたり路上駐車しているアルファードや高級車は、そういった方々の車である可能性があります。

 

昼の部でも書いた通りこの辺りには、歌舞伎町で最大勢力を誇る反社会組織の事務所がある、あの有名な歌舞伎町のライオンズマンションがあったり、他の組織の事務所もあります。

 

なので治安が良いわけもなく治安の悪い危険エリアになるので、歌舞伎町のことをよく知らない慣れていない人が行くことはおすすめしません。

 

治安の悪い歌舞伎町で絶対にやってはいけないこと3選

ここまで書いてきたように、夜の歌舞伎町はエリアごとに多少の差こそあれど、昔よりは治安が良くなったとはいえ、やはり治安が悪いことには変わりありません。

 

そんな治安の歌舞伎町でトラブルに直結する絶対にやってはいけないことについて書いていきます。

 

今から書くことは歌舞伎町で遊ぶ上で非常に重要な注意点なので覚えておいてください。

 

女性をナンパする行為

歌舞伎町内でこれをやるのは非常に危険です。悪いことは言わないのでやめた方が良いです。

 

まずこれをすると客引きとトラブルになるだけでなく、反社会組織の方々に声をかけられ怖い体験をすることに繋がります。

 

ナンパ師は客引きやスカウト達の敵

歌舞伎町の街には女の子をターゲットにして商売をしている、ホストクラブの客引きや女の子に水商売のお仕事を紹介するスカウトと言われる人たちが多数います。

 

まず知っておいて欲しいのが、客引きやスカウトの人達には縄張りがあり、反社会組織の方々にお金を払ってそこで商売ができている背景があります。

 

その縄張り内で見たことのない男が、自分たちの商売相手である女の子に声をかけようものならば黙ってはいないわけです。

 

確実に絡まれて脅されることになります。これは歌舞伎町に限った話ではなく、ナンパは基本的に水商売が絡んでいる地域ではやらないことをおすすめします。

 

反社会組織の人に目をつけられる

ナンパをしている男を見ても客引きの中でも頭が良い人は自分で行かずに、自分のシマの『ケツ持ち』と呼ばれる反社会組織の人を呼びます。

 

そしてそのケツ持ちと呼ばれる反社会組織の方が、ナンパをしている当事者に詰め寄る場合もあります。

 

『誰に断ってここで声掛けしてるんだ』『どこが面倒見ているんだ』などと詰め寄られることになります。

 

なのでおしっこ盛れるようなシャレにならない恐怖体験することになるので、歌舞伎町内でのナンパは絶対にやめましょう。

 

酔いつぶれて寝る

これも治安の悪い歌舞伎町ならではのことなので、絶対に気をつけて欲しいことになります。

 

歌舞伎町では夜に楽しく飲み過ぎて酔っぱらって、朝方になると道端で潰れて寝てしまっている人達を毎朝のように見かけます。

 

そしてその道端で潰れた人には起きた時にもれなく、身に着けている時計や財布などの貴重品は全てなくなっている体験が待っています。

 

これはもう歌舞伎町では日常茶飯事なことです。

 

あとはこれも先にも書きましたが、昼間にホストの2部や3部で飲んで酔っ払ったまま一人で歩いていたり、潰れて寝ていたりすると例え昼間でもかなり危険です。

 

昼間の歌舞伎町のホテル街は人気(ひとけ)がないです。これが逆に危ないのです。

 

そういった酔っぱらった女の子を狙って練り歩いていたり、車で巡回している人が昔からいたりするようです。

 

過去に僕の知っている子でも、酔っぱらって潰れていたら、気が付いたらホテルのベッドの上にいて横に知らない男が寝ていたという出来事もあります。

 

その子が泣きながら僕に電話をしてきて助けを求められたというリアルな話です。

 

でもこれは昼の歌舞伎町ではそこまで珍しい話ではなく、時折こういった話を聞きます。

 

なので女性が昼間に飲んで、一人でホスト街やホテル街を歩くのは危険ですのでやめておきましょう。

 

楽しい思い出で終わらせるか、最悪の悲劇の思い出にするかはお酒の量で決まってくる場合がありますので、くれぐれも飲み過ぎないようにしてくださいね。

 

客引きと揉める

これも先ほどのナンパ師以外にも、声をかけてきた客引きに対して悪態をついたりして、客引きと揉める人達を何度も見てきました。

 

客引きも一人一人に後ろには反社会組織の人間がついているので、反社会組織人間であるという意識を持っておいてください。ただの威勢のいい兄ちゃんではないのです。

 

なので酔っぱらった勢いで客引きに悪態をついて下手に絡んだりしないように気をつけてください。

 

事と次第ではめんどくさいことに発展する場合もあります。

 

歌舞伎町では調子に乗らず健全に遊んでくださいね。

 

まとめ

ここまで歌舞伎町の治安についてエリアごとに分けて、昼と夜両方の治安について詳しく解説してきました。

 

これから歌舞伎町に遊びにいこうと思っているのだけど治安ってどうなの?時になっている方に、あらかじめ歌舞伎町の情報を提供させていただきました。

 

総評して言えば歌舞伎町は決して治安は良いとは言えませんが、昔に比べたらかなり安全にはなったということは言えると思います。

 

なので治安が悪いと言っても、そこまで恐れながら足を踏み入れなければいけないほど悪いというわけでもないです。

 

普通にしていれば歌舞伎町の表の顔が見れて普通に楽しく遊べる街です。

 

ただ調子に乗って余計なことをしたり、あまり行かない方が良い所に足を踏み入れて余計なことをすると、歌舞伎町の裏の顔が見えたりすることがあるというだけなのです。

 

正直歌舞伎町は再開発により昔よりかなり発展して綺麗な街になってきているので、一度遊びに行ってみてください。

 

ではこれにて!

-裏社会関連記事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ホストクラブで遊ぶ時は売掛けと枕とトイレには要注意!

ホストクラブって様々なイメージがあると思います。 あなたはどんなイメージを持っていますか? そんな中ホストが好きでホストクラブに通っているあなたに、ホストクラブで注意しなければいけない事をここで書いて …

ホストとメンキャバの違いとは?その疑問に答えます。

ここ10年くらいで一気に増えてきたメンキャバというもの。 ていうかメンキャバって何? ホストとメンキャバってどう違うの? そう思っている人も多いと思います。 これは働く方にも飲みに来る人にとっても多少 …

ホストが初回のお客さんに対してやってはいけない3つのタブー

ホストという仕事は女の子を最高にもてなす事を前提に行われています。 なので礼儀やマナーや気遣いができていないと大成できない部分もあります。 なので当然お客さんに対して絶対にやってはいけないタブーといわ …

ホストと初回枕をしたい人必見!ホストと枕するための方法

夜の世界でひと際鮮やかに咲き誇る磨かれた男達が揃っているホストクラブ。   あなたはそんな上質な男達が揃うホストクラブにどんな目的で通っていますか?   楽しく飲みたいから、担当が …

歌舞伎町キャバ嬢のホスト通いの実態とその理由とは

歌舞伎町の蝶であるキャバクラ嬢。 あなたも一度はこんな美女と楽しいひと時を過ごしたいなんて思った事はありませんか? しかし、そんな華麗な夜の蝶であるキャバ嬢も仕事が終われば、キャバ嬢の仮面を脱ぎ普通の …