大久保公園の治安とは?歌舞伎町の大久保公園の昼と夜の違い

大久保公園 治安 歌舞伎町の治安や街の情報

歌舞伎町の中にありながら名前は大久保公園という名前がついている、歌舞伎町の北西の端にある大久保公園。

 

この大久保公園には昼と夜では異なる顔があり、治安も違ったりもします。

 

そんな歌舞伎町の大久保公園の昼と夜の実態を、長年歌舞伎町を見てきた僕が解説していきます。

 

大久保公園の昼の顔

大久保公園 治安

まずは大久保公園の昼間の顔はどのような感じなのかについて書いていきます。

 

普段は普通の公園

大久保公園は歌舞伎町の中でも、最も大久保寄りに位置していて、歌舞伎町の端っこに位置しているので、昼間はあまり歌舞伎町的な雰囲気はしないです。

 

むしろ昼間の大久保公園は普通の公園といった感じで、人々がバスケをしていたり、ベンチに座ってのんびりしていたりする光景が見られます。

 

集まる鳩に餌をやっている人もよく見かけるので、比較的穏やかな感じがするのが、昼間の大久保公園といった感じです。

 

様々なイベントに使われる

大久保公園といえばラーメンフェスなど、他にも様々なイベントで使われることが多い公園です。

 

こういったイベントがあると、大久保公園には昼間から歌舞伎町内外問わず多くの人が訪れます。

 

イベント会場として使われるのには、大久保公園自体が太い金属のポールで囲われている公園のため、入場整理がしやすいという利点もあるからだと思います。

 

防犯という意味でもポールという策で囲われた公園は、お店を出店するイベントを行うにはうってつけだと思います。

 

昼の大久保公園周辺の人通り

大久保公園の隣には都立大久保病院という大きな病院があります。

 

なので比較的歌舞伎町の人間の人通りは少なく、病院に訪れる人たちの往来もあってか一般の人たちが多いです。

 

都立大久保病院は救急指定病院でもあるので、救急車がの往来も多かったりします。

 

つまり昼間の大久保公園一帯は、比較的普通な感じと言えると思います。

 

大久保公園の夜の顔

大久保公園 治安

次に夜の大久保公園はどのような感じなのかについて書いていきます。

 

昼間よりも夜の方が気になる方も多いと思うので、詳細に書いていきたいと思います。

 

夜の大久保公園周辺の人通り

歌舞伎町とはいえ夜の大久保公園の周辺は、歌舞伎町の中心地よりも人通りが盛んというわけではありません。

 

夜になると大久保病院も閉まっているためか明かりが少なくなり、大久保公園周辺の周囲はどことなく少し暗い雰囲気になります。

 

夜の歌舞伎町の中心地が『陽』な雰囲気だとするならば、夜の大久保公園周辺はどんよりした『陰』な雰囲気といった感じを受けます。

 

立ちんぼや援助交際のメッカ

夜の大久保公園といえば、立ちんぼや援助交際目的の女性たちが立っています。

 

特に男性の方はこの辺りを歩くと、『お兄さんマッサージは・・』と声をかけられることが多いです。

 

そのお姉さんについていくと、性的サービスが待っているわけですが、こういった人たちは日々様々な人たちの相手をしているわけで、性病を持っている可能性があります。

 

そしてこういった人たちは正式な風俗店とは違い、性病検査をしていない人も多いです。

 

なので身体的な危険度は高いと言えると思います。

 

周囲の陰な雰囲気に合うかのように非合法な立ちんぼや、援助交際をする人達の温床になっているというのが夜の大久保公園の顔でもあります。

 

大久保公園周辺の治安とは

大久保公園 治安

そしてやはり気になるのは大久保公園周辺の治安だと思います。

 

夜の大久保公園の周辺は治安が悪そうだけど、実際のところはどうなの?と気になる人のために、大久保公園の治安について書いていきます。

 

交番から比較的近いけど・・

大久保公園は歌舞伎町交番から比較的誓近い場所にいちしています。

 

なのでそれだけ聞くと治安は良いのかな?と思うかもしれませんが、先にも書いた立ちんぼなどに対して警察は特に何もしません。

 

なぜならば警察は喧嘩や無銭飲食などの事件性があることや、実際に事件にならないと動かないからです。

 

目的が援助交際であったとしても、立っているだけの人には何の証拠もなければ事件性もないので、警察も取り締まることは不可能です。

 

そして何より上からの指示で動くのが警察なので、一斉取り締まりなどの何かイベントで指示がない限りは何もしません。

 

なので歌舞伎町に行けば、交番のすぐそばで堂々と立ちんぼが立っているという、異様な有り様が見ることができます。

 

つまり大久保公園周辺の治安維持に警察が役に立っているかというと、そうでもないというのが正直な感想です。

 

歌舞伎町の中心地とは違った治安の悪さ

大久保公園周辺の治安が悪いというのは、歌舞伎町の中心地の治安の悪さとは違う意味での危険性があるからです。

 

それは先にも書いた性病などの様々な感染症という、健康上身体上の危険が潜んでいるという意味での治安の悪さがあります。

 

特に援助交際の場合は特に危険度が高いです。その危険な理由についてもう少し分解していきます。

 

ホスト狂いの子が多い

歌舞伎町で援助交際をしている子は、ホストに行きお金欲しさに援助交際やパパ活ということをしている子が多いです。

 

スカウトに相手にされない風俗店に雇ってもらえない感じの子が、援助交際でお金を稼いでホストに行くというの構図が昔から歌舞伎町にはあります。

 

そしてホストの中でも日々不特定多数の女性と性交渉をしたりする人もいます。

 

その中で自分が性病や感染症ウイルスを持っていることに気づかないまま、梅毒やHIVなどの恐ろしい感染症を持っていたりします。

 

そのホストと枕をしていたとしたら、その病原体を持ったままお客さんと行為をするわけなので非常に危険です。

 

なのでまずは自分が感染していないかを確かめておくことは非常に重要です。

 

万が一の時のために早期発見して早期治療をおすすめいたします。

手遅れになる前にまずは検査から

相手が未成年である可能性

援助交際やパパ活といった行為は、家出少女と言われる子たちが歌舞伎町で生きていくためにやっている場合も多いです。

 

なので万が一もし一斉摘発の時に捕まったとしたら、その少女を買った人の人生は、一気に転落の一途を辿ることになると思います。

 

歌舞伎町でよく言われる治安の悪さとは違った危険性が潜んでいるのが、大久保公園周辺の怖さでもあります。

 

財布からお金を持ち逃げされる

援助交際をする子の中でも、相手がシャワーを浴びている隙を狙って、財布の中からお金を抜いて逃げるということをする子もいたりします。

 

その人が女の子の犯行に気が付くのは、シャワーから出てきて女の子がいなくなっていて、ホテルから出る時に財布を見て気が付きます。

 

しかしそうなってからでは手遅れでもう後の祭りでしかありません。

 

何かあっても警察に行けない

先にも書いたように援助交際でお金を持ち逃げされても、自分が非合法なことをしているため、警察に駆け込むことができずに泣き寝入りをするしかなくなります。

 

こういった怖さがあるのが、大久保公園一帯の援助交際をしている子や、立ちんぼの怖さでもあります。

 

反社会組織の影がある

街に立っている立ちんぼや援助交際をしている人の背後には、ケツ持ちと呼ばれる反社会組織の人が背後にいます。

 

なので何かトラブルになったときは、そういった人たちが出てきたりすることもあるので危険です。

 

これに関しては歌舞伎町らしい治安の悪さではあります。


まとめ

ここまで大久保公園の治安と大久保公園の昼と夜の違いについて書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

 

大久保公園は昼間はさほど警戒する必要はないですが、夜は特に男性は色々と気を付ける必要はありそうです。

 

昼間は安全とはいえ、たまに開催されるラーメンフェスなどには、歌舞伎町の人間も多く訪れます。

 

なのでそういったところで揉め事を起こしてしまうと、後がめんどくさいのでそこは気を付けてください。

 

歌舞伎町の中でも大久保公園周辺は独特の雰囲気を持っています。

 

そして西武新宿駅の北口からもすぐのところにあるので、大久保公園へのアクセスは便利ですが、やはりそこは歌舞伎町なので治安が良いとは言えないです。

 

歌舞伎町自体が治安のよいところではないので、例え歌舞伎町の外れにあったとしても油断は禁物です。

 

男性の方は夜に大久保公園周辺を歩いていて、立っている女性に声をかけられても反応しないようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました